聴覚情報処理障害(APD)って知っていますか?

皆様、こんにちは。

本日は、聴覚情報処理障害(APD)についてお話ししたいと思います。

聴覚情報処理障害とは、簡単に言うと「音は聞こえるが、言っている言葉の意味が分からない。」というものです。”耳鼻科で聴力検査をして、正常と診断されたが、会話(ことば・内容)が理解できない。”という状態です。

この障害を持つ潜在的な患者数は、推定240万人にのぼると言われており、日本人の約2%が該当します。

症状としては、

・成年と学童期以降の小児では、「会議や授業、電話、うるさい場所などでの会話が聞き取れない」「聞き漏れが多い」などがあります。

・未就学児では、「言葉が遅い」「発音が悪い」など、言葉の聞き取りが悪い自覚がなく、ことばを文字単位に聴き取ることができないことで、音韻意識困難・学習障害をきたす場合があります。

原因は、特定するのが難しいのですが、

・脳損傷の既往

・発達障害

・認知的な偏り

・心理的な問題

などがあります。

支援方法としては、

・周囲の雑音を低減して、聞き取りの環境を良好にする。

・補聴器や補聴援助機器を利用する。

・話し手が、文字・文字通訳や映像を併用し、視覚的な情報を一緒に伝えていく。

・聴覚トレーニング(聞き取りに関わる注意力や記憶力を高める方法)をしていく。

などの支援方法はありますが、まずは職場や学校などでどのようにして生活していくのかを、耳鼻科の先生に相談していただくことが大事だと思います。

この聴覚情報処理障害の医学的解決策は、まだ解明されておりません。コミュニケーションが取れない状態が続くと、ストレスが増え、不安や孤独感が押し寄せ、学校生活・職場・私生活に悪影響を及ぼします。

大事なことは、早く症状に気づくことです。症状に気づいたら、周りの方々に理解して頂くことです。

症状の改善は難しいかもしれませんが、自分が生活しやすい環境に変えることができるかもしれません。

補聴器専門店で働く私たちも、補聴器装用によって生活しやすい環境を整えるサポートができればと考えております。

タイトルとURLをコピーしました